メインイメージ
トップページ > 宝来軒別館の歴史

宝来軒別館の歴史



昭和初期頃

陳 昌岱(ちん しょうだい・現社長の祖父)中国福建省福州市の宝来軒という中華菓子店で修行したのち来崎。
現新地中華街で宝来軒の看板を掲げ、中華菓子店としてオープン。



昭和5年頃

陳 依芬(昌岱の息子)は菓子店には全く興味がなく、日本各地で料理の修行を積み、帰郷して料亭花月にて中華料理部を担当。
当初、妻 二妹 共々、夫婦揃って務めておりました。以来自身の店舗開店まで勤務する。



昭和20年11月

戦中・戦後菓子材料入手困難のため、菓子店廃業。中華料理店「宝来軒」が誕生。



昭和42年11月

平野町に宝来軒別館を開店(当寺3階建)



昭和45年

建て増しにより5階建てへ
昭和40〜50年にかけて中華料理店での結婚式・披露宴が大ブームとなり、宝来軒別館でも現在の団塊世代の挙式・披露宴が数多く行われました。
中華料理店で神前を設け、挙式ができるように発案したことがきっかけで最盛期には1日10組という日もあり、これまで何百組ものカップルのお世話をさせていただきました。



●神前挙式
●神前挙式
●写真室
●写真室


昭和53年2月

陳 依芬 没、享年67歳。妻の陳二妹が後を継ぐ。
社員をとても大切に気遣い、お得意様には大盤振舞いのおもてなし精神でお店を盛り上げていきました。
何よりもお店を愛してやまなかった陳二妹は、細身でありながらも最期まで厨房を取り仕切っておりました。





平成5年11月

大原賢子 両親から受け継ぎ、社長就任
先ず店の主軸となる厨房、いつもお客さまで賑わうレストランとロビーを一体化し、ひとつの入口とした大幅なリニューアルをしました。 レストランでは厨房での調理風景が見えるオープンキッチンを取り入れました。

<店舗大改装>
1階 玄関・レストラン・厨房、
2階 洋式小部屋を設ける。
3階 竜井の間 和式大宴会場から洋式大宴会場へ。
以後、次々と個室を改装していきます。


●平成5年3階洋式大宴会場
●平成5年3階洋式大宴会場
最大収容140席、立食の場合300名様収容の大宴会場は、ご結婚披露宴など幅広くご利用いただけます。
●平成5年1階レストラン
●平成5年
1階レストラン



平成16年3月

2階 和室中広間(蘇州・揚子江)を改装



平成17年11月

4階 和式大宴会場改装(11月完成)


ご予約・ご相談承ります TEL 095-846-2277 昼の部/11:30~15:30 (オーダーストップ 15:00)  夜の部/17:00~21:00(オーダーストップ20:30)